ブラジル日記2006☆(1)

今更ながら、今年7月26日からのブラジル日記をアップします☆
これからブラジル修行に行かれる方は参考にしていただけると幸いですヽ(´▽`)ノ
それではブラジル日記のはじまり~♪
※この文章はなるべく日記を書いた当時のままの文体で載せてるので、読みづらいところがあるかもしれませんが、気にしないでください(>_<)

2006年7月26日(水)
いよいよムンジアルが行われるブラジル、リオ・デ・ジャネイロに向けて出発だ。
成田空港4階のやけに高い(790円)月見そばを食べて出国ゲートをくぐると、そこはもう異国の匂いがした。
外国人の香水のせいなんだろうけど、なんだか去年のブラジル修行を思いだす。
去年は飛行機の中で号泣してしまったが、今年は大丈夫そうだ。
ブラジルは一度経験してるし、日本を離れるのだってたったの9日だし(笑)

約12時間35分かかって、ようやく経由地のアトランタに到着!
成田-アトランタ間の飛行機は満席で、しかも真ん中の席だったから大変だった…。
左隣りは可愛らしいアメリカ人女性だったんだけど、右隣りは風邪をひいて咳が止まらない日本人のおっさん…。
脚を伸ばせない状態でおっさんの咳を浴び続けた結果、アトランタに着くころには鼻がつまっていて、風邪の症状が出始めていた。
さすがに減量してるだけあって、免疫力も低下してるようだ。
今(15:25)からブラジル行きの飛行機(20:35)は約5時間待ち…。
体重も気になるなぁ…さぁて、5時間どうすっぺ?
なんだか疲れが出てたので、リオ・デ・ジャネイロ行き飛行機の待ちスペース(E11)のベンチに座って、手持ちのリュックを抱きながら仮眠する。
その後、ホットドッグと水を買って食べると、体も気持ちもだいぶ落ち着いてきた。
それにしてもこの空港は寒い…。
外は暑いんだろうけど、Tシャツとパーカーでは全然足りないくらいに寒い。
う~ん、減量してる影響もあるのかなぁ…。
しばらくして、ふと、E11の掲示板を見てみると、なぜか目的地の『RIO』の文字がひとつもない!
おかしいと思って受付の女性に聞いてみると、リオ・デ・ジャネイロ行きはE27だという。
あぶなかった…確認て大切だ…。

やっとこさ、リオ行きの飛行機に乗り込む。
成田-アトランタ間の飛行機は各席にテレビがついてるんだけど、3列シートのためとても窮屈に感じた。
でも、アトランタ-リオ・デ・ジャネイロ間は各席にテレビはないけど、2列シートの通路側で随分と快適そうだ。
離陸前、ブラジル人集団が飛行機内で騒ぎ始めた。
サッカーの観客席にでもいるような感じで、大声でツアーのガイドさんを応援している。
さすがブラジル人、どこにいようがお構いなし、そしてガイドさんを応援する意味がわからない。

アトランタから9時間35分を経て、もうすぐリオに到着する。
ちょっとだけ、今後の予定を立ててみた。
まず、荷物を受け取って、ドルをレアルに換金して、フラメンゴにあるホテル『PAYSANDU』に向かう。
お金は小分けにして、目立つ行動・服装は避ける。
よし、完璧☆

【つづく】

カテゴリー: ブラジル日記, 柔術   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。